最終天候判断/交流飛行会2013開催通知

最終の天候判断を行い、開催決定を行いましたので連絡させていただきます。

現在、富士川の天気予報は正午と変化なしとなっています。
風はやや強く曇り時々晴れ、ところにより雨で雷を伴う、降水確率20-30%となっています。
他の予報を見る限り、開催時間に降水はほとんどないと考えられます。

よって、交流飛行会2013の開催を正式に決定しました。

ただ、前日夜に降水があり滑走路路面が濡れている可能性があります。
ご注意ください。
また、開催時間中に小雨が降る可能性があります。
そのため、雨具の用意を忘れないようお願い致します。

再三述べておりますが、風が強めの予報であるため、予定変更の可能性があります。
ご承知ください。

それでは、皆様と会場にてお会い出来ることを楽しみにしています。
道中、事故等無いよう気をつけてお越しくださいませ。
スポンサーサイト

第4回天候判断

第4回天候判断の結果がまとまりましたので連絡いたします。

現在、富士川の予報は今朝と変わっておらず、開催時間に雨は降らないとのことです。
ただ、ところにより雨、やや風が強いとの予報です。

現状の判断は、
「Go」
のままとさせていただきます。

雨が降る可能性がありますので、雨具の用意をお願いします。
また、今朝連絡しましたとおり、若干の予定変更が入る可能性があります。
ご承知ください。

次回の天候判断は、本日17:30を予定しています。
これが最後の判断となります。
また結果がまとまり次第、連絡させていただきます。

よろしくお願い致します。


'13 平スタッフ

第3回天候判断

第3回の天候判断の結果が出ましたのでご連絡させていただきます。

現在の富士川の予報は、昨夜と変化なく開催時間に降雨はないとのことです。
ただ、台風の影響か海側よりやや強い風(3-4m/s)が吹くのがネックとなっています。

風については極端に強い風ではないことを考慮し、現段階では
「Go」
とし、飛行会を開催いたします。

ただ、風によってはフライト本数を減らす等の対策をとる可能性があります。
ご承知ください。

天候急変を考慮し、次回の判断は、本日正午を予定しています。
13:00頃には結果をお伝えできると思われます。
なお、最終判断は本日17:30頃を予定しています。
これらの判断も併せてご確認ください。

よろしくお願いいたします。

'13 副代表

第2回天候判断

先ほど、第2回天候判断を行いました。
現在の富士川の予報は正午と変わっておりません。
開催時間中には降水がないとのことです。
しかし、前日夕方に少量の降水があること、及び飛行会翌日の予報が確度Cとなっていることから、
まだ予報が変化する/降水がある可能性は否めなません。

そのため、今回の判断は前回と同じく
「Goに近い保留」
とさせていただきます。

次回の判断は、保留としたことを鑑み8/30(金)6:30を予定しています。
結果が出次第、連絡をさせていただきます。
連絡は7:00前後を予定しています。

よろしくお願い致します。

'13 副代表

第1回天候判断

第1回天候判断の結果をお知らせします。

現在、開催時間における富士川の天気予報は曇りとなっています。
ただ、今朝と予報が変わっており、まだ変わる可能性や雨が降る可能性が無視できないことから、現段階では
「Goに近い保留」
とさせていただきます。

次回の判断は本日17:00を予定しています。
結果が決まり次第、連絡させていただきます。
連絡は18:00頃となる予定です。

よろしくお願い致します。

'13 副代表

交流飛行会当日のタイムスケジュール


ごきげんよう
交流飛行会2013代表です

遅ればせながら、交流飛行会の簡単なタイムスケジュールを掲載致します
もっと早くに掲載すべきでした
遅くなってしまい、大変申し訳ありませんでした



時間 *  イベント
****************************************************************
1:00 * 展示チーム受付開始/部品展示開始
2:00 * 説明会/見学者受付開始/パイロットメディカルチェック
2:30 * 機体審査
4:00 * 見学者受付終了
4:30 * 審査完了
4:45 * 試験飛行位置へ移動
5:00 * 試験飛行開始
5:20 * スタート位置へ移動
5:30 * 飛行展示開始
6:45 * 飛行展示終了
7:00 * 機体展示・交流会・観客投票
7:20 * 観客投票終了
7:30 * 閉会式/表彰
7:45 * 記念撮影
8:00 * 機体解体・撤収開始
9:00 * 最終撤収時間(厳守)

上記のように予定しております
なお、飛行会の進行状況により、イベント発生時間が前後する可能性があります
あくまでも予定であり目安ですので、イベントが前後する可能性もあります

以上宜しくお願い致します


週末の天気が幾分雲行きが怪しくなり
更に追い打ちをかけるように台風まで発生し、胃が痛い毎日です
よくご質問を頂きますが、今週末の飛行会がキャンセルになれば
今年度の交流飛行会は開催出来ないということになります
申し訳ありませんが、ご承知おき下さい


週末をいい天気で迎えられるように、せっせとてるてる坊主を量産しております
...やはりここは巫女姿で富士川で晴れ乞いすべきでしょうか.......

'13 代表

交流飛行会2013 延期のお知らせ

交流飛行会2013の開催を、来週土曜に延期致します

先ほど、気象庁や気象台等の気象予報を元に、スタッフ間で競技した結果、

1. 金曜深夜、フライト時間前後に降雨の可能性があること
2. イベント中に降雨が無くても、イベント直前(金曜夕方~金曜深夜)に6時間ほどにわたって降雨があり、
3. 滑走路のコンディションが悪い可能性があること
4. 機体組み立て~フライトまでの時間に、海上の風が7~8m/s前後と強い可能性があること。
経験的に、ここまで海風が強いと機体組み立て、フライトが困難になることが多く
風が強いと、そもそも機体の組み立てが困難な可能性があること。
5. 昨日から短時間で予報が変わり易く、明日朝までにも変化する可能性があること。
6. 降雨があり、風も強い場合、電車で移動した参加者に低体温などの危険があること。

以上の理由に、NoGoと判断しました。


皆様には大変なご迷惑をお掛け致しますが、ご理解の程を宜しくお願い致します。
なお、この延期に伴い、交流飛行会の見学参加申し込みを27(火)まで、再開致します。
まだ申し込まれなかった方で、31日には参加したいという方は、所定の手続きを27日までにお願い致します。


来週こそ、皆様にお会い出来ることを楽しみにしております。


'13 代表

【第二回天候判断】


【第2回天候判断】開催時間中の天気予報に改善の兆しが見え、
Go判断に近くなりましたが、まだまだ予報確度が低く小雨が心配な状態のため、
開催判断を次の天候判断(明日の12:00)まで再度保留します。
開催判断がつき次第またご連絡いたします。【いい天気になぁれ】


追記:
明日早朝の06:30にもスタッフ間で天候判断を行います。
もしかしたら、もしかしたら、そこでGo/NoGo判断を行うかもしれませんので
是非このブログやtwitter (@HPAhikoukai) をマメにチェックしてください!
宜しくお願い致します。

'13 代表


交流飛行会2013 団体参加者一覧

交流飛行会2013 団体参加者一覧

●●●展示飛行
・静岡大学ヒコーキ部
・東京理科大Aircraft Makers

※電気通信大学U.E.C.wingsさんは機体展示に変更になりました


●●●機体展示
・東洋大学工学部 人力飛行機を大空へ飛ばす会


●●●部品展示
・Team 'F'
 *電装計器類
 *駆動系ギヤ・ボックス
 *プロペラ

・芝浦工業大学 Team Birdman Trial
 *プロペラ(1ブレード)
 *翼の後縁(1本)

・都立産技高専TeamRTR
 *主桁中央部(アルミボックス桁 寸法 150×80×700 [mm])

・東京工業大学 Meister
 *プロペラ (1ブレード)
 *電装計器類
 *駆動系ギア・ボックス

・日本大学理工学部航空研究会
 *プロペラ(6ブレード)


※京都大学Shooting Starsさんは参加取りやめになりました


●●●見学予定者
見学に参加されることを表明した方が現役・OB/OG問わず
1名でもいるチームをこちらに表記しています。

・名古屋大学 AirCraft
・東京女子大学 飛ん女の会
・芝浦工業大学 Team Birdman Trial
・筑波大学 つくば鳥人間の会
・電気通信大学 U.E.C.wings
・静岡大学 ヒコーキ部
・東京理科大 Aircraft Makers
・東洋大学工学部 人力飛行機を大空へ飛ばす会
・東北大学 Windnauts
・Team 'F'
・首都大学東京 鳥人間部T-MIT
・電気通信大学 U.E.C.wings
・首都大学東京 人力飛行機研究会MaPPL
・早稲田大学 航空宇宙研究会WASA
・横浜国立大学 横浜AEROSPACE
・大阪大学 アルバトロス
・東京大学 F-tec
・日本大学 NASG
・ActiveGals Family
・工学院大学 B.P.Wendy      
・どぼん会
・都立産技高専 TeamRTR
・東京理科大学 鳥人間サークル 鳥科
・東京電機大学 Flight Works
・武蔵工業大学 航空研究会
・COOLTHRUST
・高知工科大学 航空研究会
・大阪府立大学 堺・風車の会
・日本大学理工学部 航空研究会
・北海道大学 Northern Wings
・創価大学鳥人間研究会
・京都大学鳥人間チーム ShootingStars


沢山のご参加有り難うございます。

皆様と当日、富士川でお会い出来るのを心より楽しみにしつつ
てるてる坊主を量産しながら、スタッフ一同お待ちしております。

'13 代表

交流飛行会2013 参加申し込み締め切りのお知らせ



交流飛行会2013の参加申し込みを締切りました


沢山の方々の参加申し込み、有り難うございました

メーリングリストの招待やパンフレットの配布につきましては後日行います
しばらくお待ちください


'13 代表

人力飛行機の設計・製作・運用における基本指針に関して



<はじめに>
1. 人力飛行機の設計・製作・運用を通して、自身の知識、技術、心身の向上を目的として活動する。
2. 人力飛行機に関わる全ての場面では「安全」は全てにおいて優先する。
3. 役職の有無を問わず、設計・製作・運用に関わる全てのメンバーは、自身の行動が安全に直結していることを忘れてはならない。機体の異変や天候の変化など、何か気づいたことがあれば、ただちに代表者、設計者、パイロットや他のメンバーに報告・連絡・相談をするように心掛けること。
4. 代表者はメンバー全員の健康やチームの雰囲気に留意し、円滑で安全なチーム運営を心掛けること。
5. 設計者は技術的な事柄に関しての統括者である。理論立てて、物事を判断する姿勢が重要である。決して独りよがりにならず、適宜、各部の設計製作担当と意見交換し、機体全体がバランスを取ることが出来るように気を付けること。
6. 人力飛行機のパイロットは、単なるエンジンや操縦手ではなく、機体の開発メンバーの一員である。唯一機体に搭乗するものとして機体の調整・開発に果たす役割は大きい。心身だけでなく、操縦や設計製作についても積極的に学び、設計製作の各種試験の段階から、適宜関与していく姿勢が重要である。


<設計・地上試験>
1. 機体は、パイロットだけではなく地上クルーなどに対しても危害の及ばない構造であること。
2. 設計に際し、目標とする運航形態に対し、十分な飛行性を有するように検討すること。
3. 設計案に対して、チームメンバーがレビュー出来る環境・雰囲気が望ましい。複数の視点から設計を検討することにより、機体の設計ミスを減らせるだけでなく、設計案をより良いものに洗練していくことが出来る。
4. 飛行試験に際し、事前に機体に対して適当な手段で強度試験、操縦試験等を行い、危険を排除すること。各種試験を行い、計測データを取集・蓄積・分析することで、さらにより良い機体を生み出す材料とすることが出来るメリットもある。


<製作>
1. 長期・短期それぞれの予定を立て、工程表を作り、工期に間に合う様に製作する。無理のある工程は、機体の製作精度、ひいては安全性にも影響する。定期的に改良し、無理なく完成するスケジュール作りを行うように心掛けること。
2. 工程表を作る際は、設計製作だけでなく、各種試験や試験飛行なども十分行えるようなスケジュール作りを行うこと。
3. 接着剤やカーボンパイプは取り扱いを間違うと、強度に影響することがある。各メンバーは正しい取り扱い方法を理解し、作業・製作を行うこと。
4. 安全というとフライトや試験飛行などにだけ着目されがちであるが、適切な準備をしなければ作業や地上試験にでも事故・災害・健康被害は起こり得る。作業内容によっては、ヘルメットやマスクなどの保護具を適宜使用すること。


<試験飛行・本番でのフライト>
1. 人力飛行機は、いくら設計どおりに精度良く作っても、理論値と現実のズレなどで必ずしも計算どおりの結果が得られる訳ではない。試験飛行を行うことによって「理論」と「現実」の差を埋め、機体を最適化していくことが望ましい。
2. 飛行試験に際し、事前に試験項目、長期・短期のスケジュール等を十分検討し、実施すること。
3. 安全を確保する為に、天候や機体状況から飛行中止判断の基準を作成し、試験飛行中は常にその判断を行えるように意識しておくこと。
4. 各飛行前には、計器や操縦系統の動作チェック、構造部材の目視チェックなどを行うこと。
5. 試験飛行を行っていく過程で、機体の安全性や飛行性に関する問題が発生した際には、その問題に対しての対策を施してから次のフライトを行うようにすること。
6. 試験飛行が調整の場である以上、機体は調整が済むまで「不完全」ともいえる。つまり荷重試験などの各種試験に万全を期しても、各種のトラブルが起こりうる。試験飛行時に機体の位置・姿勢によって機体をどの様に操作するかをあらかじめ想定し、全員で共有するように心掛けること。
7. パイロットは、機体や運用に関し、不安を感じた時は搭乗・フライトを拒否することが出来る。これは、パイロットが自身の安全を確保するための権利であり、メンバーの一人として試験飛行やフライトを安全に行うための義務である。そしてメンバーはこれを責めてはならないし、パイロットが不安を感じることの無いように設計製作を進めなければならない。
8. 飛行試験は郊外の飛行場などで行うことも多い為、天候の急変、メンバーの負病など予測されうる事態への対処を予め検討し、実行可能なようにしておくこと。
9. 機体の種類・形態によっては、試験飛行の実施が難しい事もある。その場合では、地上試験の充実やシミュレータによる練習、コックピットまわりへの緩衝材の設置など適当な手段を用いて安全を確保できるようにすること。
10. 本番のフライトでは事前にフライトプランを製作し、当日の気象条件などを考慮してプランを選択すること。
11. その際、飛行禁止エリアや機体が危険な状態に陥った時の為に、予め緊急手順を定めておくこと。


******************************************************************************

交流飛行会スタッフは、上記のような基本方針を立て
それに従って運営を行っております。
今回、その基本方針掲示致しましたので、各チームでの運営の参考として頂ければ幸いです。

'13 代表

参加チーム様とか参加スタッフ様とか参加ボランティア様とか

ごきげんよう
交流飛行会2013代表です。

気付いたらもう8月も中旬に差し掛かろうとしていますね...光陰矢の如し...
レポートの締め切りが...。

さてさて。
ここでちょっとした宣伝です。

●●●宣伝その1●●●
お陰様で交流飛行会の、部品展示の参加者様が増えましたー!ぱちぱちぱち☆
現時点(8/14)では
★京都大学 ShootingStars
 ※参加取りやめ
★Team 'F'
 ・電装計器類
 ・駆動系ギヤ・ボックス
 ・プロペラ
★芝浦工業大学 Team Birdman Trial
 ・プロペラ(1ブレード)
 ・翼の後縁(1本)

以上32チームさんの参加でございます。
段々と賑わってきました!

まだまだ部品展示に関しては参加を受け付けておりますので、
どうしようか悩んでいるそこのアナタ、是非ぜひご応募くださいませ(`・ω・´)-3


●●●宣伝その2●●●
実はTriManiaXさんのサイトをお借りして
交流飛行会2013のページをこつこつ更新しているのもお気づきでしたでしょうか?
http://www21.atwiki.jp/trimaniax/pages/281.html

見学や展示に参加されることを表明した方が現役・OB/OG問わず
1名でもいるチームに関しても、例年通り上記ページに記載していく予定です。
また、天候判断や当日の持ち物に関しても載っていますので、参考にしてください。



●●●宣伝その3●●●
引き続き、運営スタッフ、当日ボランティア、部品展示チームと見学者を受け付けています。
特に運営スタッフと当日ボランティアについて
人手が文句無しに足りていません
運営に興味があると思っても思わなくてもそこのアナタ!ぜひお願いします!!
hpa.hikoukai@gmail.com までご一報を!我々に救いの手を!!

★個人の方は…以下のフォームからどうぞ↓
  交流飛行会個人見学受付フォーム

★団体の方は…こちらの団体参加申込書に記入の上、
  hpa.hikoukai@gmail.com
 まで送付をお願いします。

★当日のボランティアを希望される方は...
  hpa.hikoukai@gmail.com
 までメールを送付するか、上記申請フォーム備考欄にその旨を記載してください。


なお、保険の関係上受付は8/17までとなっています。
受付締め切りを過ぎた場合、つまり受付をされなかった場合は
交流飛行会に参加いただけませんので、予めご了承ください。


以上よろしくおねがいしまぁあああああああああああっすううう!!( ッターン!!


'13 代表
※深夜テンション入ってます。










第19回Skype会議

ある同じ学科の友人は言った。

土曜とは、平日である。(=朝には研究室にいる)
日曜とは、朝起きる時間が決まっていない日である。(=遅かれ早かれ研究室に行く)

はいこんばんは。自分がいる研究室は土日休みですが、最近土曜が休みじゃなくなってるみかんです。
だって!土曜は!人がいないから!実験装置が!自由に使えるんだもん!!

…はいすみませんでした。


さて、先週末は第36回鳥人間コンテストが開催されました。
自分もひっそり見に行きまして、(ちょっとお手伝いして、)楽しませて頂きました。
1日目だけ見てきました。いずれは2日目も見たいですね。
放映は9/4(水)19:00-だそうですよ。



さて、飛行会開催3週間前の今回のミーティング。
主に飛行展示参加チーム様に提出をお願いした書類の審査を行いました。
つまり、事前にどこまで機体を安全に作り上げ、運用しているか?を評価する作業がメインです。

ここで明かしてもなんも面白く無い(?)ので、大まかな点数は後日参加者様に配布するパンフレットを御覧ください。
パンフレットには、各チームの気合の入った機体PRも載っています!
ぜひご一読ください。

また、パンフレットには参加のための注意事項も記載されています。
問題発生時の対応等が記載されています。
こちらには確実に目を通してから参加していただきたいです。

また、飛行展示参加チーム様には、より詳細な採点結果をお送りしています。
ぜひとも参考にしていただけるとありがたいです。



さて、交流飛行会はまだまだ見学者の募集を受け付けています。
保険の関係上、受付は8/17までとなっています。
・個人の方は…以下のフォームからどうぞ↓
  交流飛行会個人見学受付フォーム

・団体の方は…こちらの団体参加申込書に記入の上、
  hpa.hikoukai@gmail.com
 まで送付をお願いします。

・当日のボランティアを希望される方は
  hpa.hikoukai@gmail.com
 までメールを送付するか、上記の申請フォーム備考欄にその旨を記載してください。

多くの方の参加、お待ちしています!


また、(いーかげんクドいですが…)運営スタッフの募集も行なっています。
いや本当に人手足んないんです…
ちょっと興味があると思ったそこのアナタ!ぜひお願いします!!
hpa.hikoukai@gmail.com までご一報を!


というわけで、みかんがお送りしました。
13' 平スタッフ
プロフィール

運営スタッフ

Author:運営スタッフ
私たちはHPA飛行会です。
人力飛行機の大会を運営しています。

例年8月の下旬に静岡県の飛行場で大会を開催しています。
興味がある一般の方もぜひ参加してみて下さい!

最新記事
最新コメント
twitter
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク