学生交流会@静岡理工大学

主に映像関係担当のあしゅらです。

学生交流会@静岡理工大学にいってきました!
発表会場が紅白幕がかけられてる体育館でいつもの学生交流会とは
違う雰囲気でしたが(しかもテレビ局が取材にやってきた)、
そんななかわれらが代表のきっしぃによる発表が行われました。

主な内容は、今年の交流飛行会の目玉になるルールの改正案についてです。
昨年のアンケート・反省から今年の飛行会をもっと面白く、盛り上げるために
参加機体の性能を目一杯発揮できるようなルール案をつくってみました。

今年は大きく分けて3つのカテゴリに分けて配点して、合計得点で順位を
つける予定です。その3つのカテゴリは、

・機体の安全性
・飛行会当日のフライト
・飛行時の芸術点

この3つです。

「機体の安全性」は大会前の書類についてどこまで機体をつくりこんできたかを、
「飛行会当日のフライト」は飛行会当日のフライト結果を(物資投下、飛距離、機速)、
「飛行時の芸術点」は観客からの投票を

得点化したいとおもっています。
詳細なルール案については学生交流会の資料をご覧ください。

また、案なのでまだまだ気になったこと要望などコメントで受け付けてます。
お気軽にコメントください。学生交流会の班別交流会でもいくつか要望を
頂いたのでこれから検討します。

もうすぐ受付の開始など、具体的な動きがでてきます。参加したいチームは
ブログ・ツィッターをチェックしてくれると嬉しいです。ではでは最後に発表時に
流した動画を貼り付けて終わります。
あしゅらでした。

スポンサーサイト

第5回SkypeMTG

みなさん、こんばんは。おはようございます。こんにちは。
Twitter ID:Unlimit_Birdmanです。長いIDなので、「アンリミ」と呼んでください。
僕は昨年夏まで現役のHPAパイロットとして、学生チームで活動していました。
現在は交流飛行会スタッフとして、先輩たちに囲まれ揉まれしごかれながら、必死で活動に参加しています。

さて、第5回MTGでは、学生交流会のためのスライド作りを行いました。

3月24日に静岡理工科大で行われる鳥人間学生交流会には
我々も参加し、プレゼン発表させて頂きます。
主に交流飛行会2013での競技ルールについてお話しさせて頂きます。
ですが、これはまだ草案であり、様々なチーム・機体が日本の鳥人間界には存在するので、
参加チームの様子を見ながらルールについて更に考えていく方針です。
ですので、ルールに関して分からない事・疑問に思った事や、こうした方が良いという提案などがありましたら、
代表と配信と柑橘類が主に代表部屋に居る予定ですので、当日の班別交流の際にお話しください。
宜しくお願い致します。

なお、きっしぃさんにピンヒールで踏まれたい方はどうぞ直接本人にお尋ねください。
声をかけづらいなら、他のスタッフに声をかけていただければ、要望に答えられると思います。



ちなみに僕は交流会当日は参加出来ませんので、大分先になりますが、
交流飛行会本番で皆様とお目にかかれることを楽しみにしております。



併せて、まだまだ運営スタッフの募集も行っています。
既に現役やOBの方々からやってみたいというお言葉を頂きました。
このブログを見て下さっている方の中にも、参加したいと考えている方がいらっしゃると思います。
もしも迷っているのでしたら、交流会で声をかけていただくか、
E-mail: hpa.hikoukai@gmail.com までご連絡ください。
正直なところ、僕一人がB3という事で少し寂しいのが本音です。
僕自身、現役時代はパイロットという事もあって、チーム運営やらマネジメントやら、会計やらの経験がありません。
ぜひあなたの経験・アイディアを交流飛行会の運営に役立ててみませんか?
もちろん、鳥人間に参加したこともないし、人力飛行機って何?っていう方でも、歓迎しております。
交流会スタッフ一同、あなたの参加を心からお待ちしております!


ご意見・ご感想ありましたら、ブログコメントでも随時受け付けておりますので、宜しくお願い致します。

それでは失礼致します。


by アンリミ 交流飛行会2013スタッフ

第4回Skype会議

皆さんおはこんばんちは。
はじめましての方ははじめまして。そして「またお前か」と思った方はお久しぶりです。
交流飛行会2013スタッフ(平)のみかんです。

ちなみに、自分卒論発表直前です(ガチ)


さて、本日のSkype会議の内容ですが…
・細かいルールの煮詰め(始めました)
・点数の大まかな割り振り
・参加チームに提出していただく書類の決定(一部)
の3本立てでお送りしました。


特に、今回の飛行会の点数ルールは「鳥コンの準備ができていること」を評価する方針となっています。
そのため機体の安全性等、どこにどれだけ点数を割り振るかで議論が白熱していました。うん。
おおまかには、
・機体の安全性(荷重試験の実施など)…4割
・実際に大会での飛行…5割
・観客の人気投票…1割
といった感じです。かなり機体の安全性に重きを置いているのがわかると思います。
詳細は整理した上で交流会の資料として配布を予定していますので、今しばらくお待ちください。



また、先日もお伝えしましたが私たちは3/24に行われる鳥人間春の交流会でのプレゼンを予定しています。
そちらもぜひよろしくお願いします。
班別交流の際は代表部屋にいる予定ですので、もし意見・質問などありましたらぜひその時にでも。
あと、当日きっしぃさんが希望者を10センチのピンヒールで踏んでくださるらしいのでそちらの趣味の方も是非どうぞ★



まだまだスタッフの募集も行なっています。
もし興味がありましたら、ぜひ
hpa.hikoukai@gmail.com
までご一報ください。お待ちしています。

そして、こんなことやったら面白そう!」という案もまだまだ募集しています。
こちらもご一報いただけると喜びます。



それでは失礼します。





by ただの平スタッフ
プロフィール

運営スタッフ

Author:運営スタッフ
私たちはHPA飛行会です。
人力飛行機の大会を運営しています。

例年8月の下旬に静岡県の飛行場で大会を開催しています。
興味がある一般の方もぜひ参加してみて下さい!

最新記事
最新コメント
twitter
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク